ハーブティ

古代から薬草として知られるハーブ。
全てノンカフェインです。病気になってからではなく、病気にならないような体を作りましょう。

古代から薬草として知られるハーブ。
全てノンカフェインです。病気になってからではなく、病気にならないような体を作りましょう。

※ハーブティは薬ではなく健康のためのお茶です。心や体へ働きかける成果は人によって様々です。
妊娠中の方・重い病気の方・慢性的な病気の方などは、必ず医師に御相談下さい。

カモミールの風

鎮静作用と消化促進作用にすぐれています。食べ過ぎ・腹痛・風邪の症状に対して民間薬として古くから親しまれてきました。
リラックス作用もあるので、不眠症や神経性の便秘にも効果的です。また、ホルモンのバランスを整え、生理不順や冷え性、貧血の改善にも役立ちます。

さわやかレモングラス

ほんのりとレモンの香りのハーブティです。朝起きたときや、眠くなった時に飲むと、リフレッシュできるでしょう。
胃の働きを刺激して消化を促すので、食後のお茶に最適です。お腹のガスを排出する作用があり、また、貧血の予防にも役立ちます。

ハイビスカス・ルビー

ルビーのようにキレイな赤い色をしたお茶は、酸味が特徴です。梅干と同じクエン酸を含みます。
酸味が苦手な方は、はちみつを加えてどうぞ。カリウムを多量に含み利尿作用があるため、むくみを改善してくれます。
お酒を飲み過ぎた時にもオススメ!また、赤色色素に含まれるビタミンCは、からだの疲れを解消して、便秘や肌荒れにも効果的です。

ペパーミントキス

メンソールのさわやかな風味です。鎮静作用があり、イライラしているときや不安なときに飲むと気分をおだやかにしてくれます。
口の中がさっぱりするので、脂っこい料理を食べた後や、食べ過ぎた後にもおすすめです。胃のもたれやむかつきを解消してくれるでしょう。

ベルベイヌフラワー

ベルベイヌ(レモンバーベナ)の爽やかな香りは、神経の高ぶりを鎮めて元気を与えてくれます。
食欲のない時や食べ過ぎたとき、風邪や生理時の片頭痛にも効果的です。

ラベンダーフラワーハーブ

ハーブの中でもよく知られている人気の高いラベンダーは、精神的なストレスをやわらげて緊張をほぐしてくれます。
生理不順や消化不良にも役立つと言われています。ローズとレモングラスをブレンドしました。
おやすみ前に飲むと、ぐっすりと眠りにつけます。

ローズヒップティ

ローズヒップは、トマトと同じ成分「リコピエン」を含み、ビタミンCをレモンの20倍含むだけでなく、ビタミンA、B、Eも豊富に含んでいます。
飲まれた後に残ったローズヒップの実にもビタミンがたっぷり。残った実もお召し上がりください。はちみつやシロップをかけると、食べやすくなります。

ローズブレンドハーブ

クレオパトラが愛したローズ。宴会の席や寝室をバラで満たしたのだとか。すばらしい芳香と薬効をもつローズは、肝臓や胃腸の疲れ、便秘にも効果的です。
ホルモンのバランスを整える作用もあります。レモングラスをブレンドしていますので、ほんのりとレモンの香りが爽やか。

ラズベリーリーフ

ラズベリーの葉のお茶は、妊娠後期に飲むと子宮筋と骨盤の筋肉を正常な状態にする作用があり、分娩が楽になるといわれています。
また産後は、母乳の栄養価を高めて、母乳の出をよくする働きがあるといわれているため、「妊婦のハーブティ」と呼ばれています。
※このお茶は子宮を刺激する作用があるので、妊娠初期に飲用するときや、重い病気の方、慢性的な病気の方はかならず事前に医師にご相談ください。